電話画面構成

以下では、Android版をもとにした操作手順のご説明をしています。
Android版とiOS版は基本的に同じ操作手順ですが、一部の画面が異なります。
画面が異なる箇所については、補足でご説明しています。

電話画面構成

ここでは、LaLa Call アプリの「電話」画面の構成についてご説明します。

本画面は、画面下部の「電話」アイコンをタップすると表示されます。

下の表は、上の画像内の番号と対応しています。

(1) 電話番号欄

入力した電話番号が表示されます。 (連絡先に一致した名前があれば表示されます(A)
(番号欄を長押しすることで、コピー&ペーストが可能)
「人型アイコン(B)」を押すと、表示している電話番号を連絡先に登録することができます。
入力した電話番号が無料通話用の番号の場合は「Freeアイコン(C)」が表示されます。

発信先の電話番号が番号ポータビリティーの手続き中であるなど、 発信先電話番号の契約状態によっては、通話料金が発生する電話番号にも「Free」が表示される場合があります。

(2) キーボタン

電話番号を入力するボタンです。
(D)を押すと、末尾1文字を削除します。(長押しで全削除)
電話番号入力後、「発信ボタン(E)」を押すと050番号で発信します。
また、「携帯電話ボタン(F)」を押すと「携帯電話で発信しますか?」と表示され、ご契約中の携帯電話の番号から発信します。

発着信 / 通話時操作

発信ボタン(E)」について
発信ボタン(E)」は、入力された番号により、「発信」「発信(無料)」と表示が切り替わります。電話帳登録のない番号でも、eo光電話など無料通話先であれば「発信(無料)」表示となります。

(3) 電話設定ボタン

留守番電話再生や、留守番電話 / 転送電話の設定ができます。

電話設定

ページの先頭へ

前のページに戻る